人気の育毛シャンプーを教えて

shan

人気の育毛シャンプーを教えて?

さあ、いよいよ育毛シャンプーデビューです。これであなたも近い将来はフサフサに!・・・とは、まずなりませんが、希望を捨てずにレッツ・チャレンジ!ひとまずは人気商品から試してみましょう。
こちらでは男性用と女性用、男女兼用をそれぞれ3点ずつご紹介させていただきます。

○男性用育毛シャンプー

プレミアムブラックシャンプー 400ml 価格5,184円(税込み)

BUBKAスカルプケアシャンプー 250ml 価格3,990円(税込み)

へアリプロ 370ml 価格3,888円(税込み)

○女性用育毛シャンプー

CA101薬用ブラックシャンプー 260ml 価格3,024円(税込み)
※別売りのトリートメント 240ml 価格3,024円(税込み)

haru黒髪スカルプ・プロ 400ml 価格3,888円(税込み)
※リンス不要

ハーブガーデンさくらの森シャンプー 300ml 価格4,320円(税込み)
※別売りコンディショナー 300ml 価格4,320円(税込み)
どちらも半額キャンペーン中

○男女兼用育毛シャンプー

ウーマシャンプープレミアム 300ml 価格4,320円(税込み)
※男性用と同じ商品です。

リーブ21薬用ホームケアシャンプー 100ml
コンディショナー 100ml とのトライアルセット 価格1,980円(税込み)

リマーユヘアシャンプー 250ml
トリートメント 200ml とのセット初回 価格2,484円(税込み)

どの商品も、定期買いやまとめ買いはお得な価格設定がありますが、最初はテストの意味もあるので1本だけの購入をお勧めします。
それぞれこだわりが凄い!ぜひ商品HPもチェックして、これ!というシャンプーを試してみてください。

さて、以上の9本は、実際に販売実績があがっている育毛シャンプーですから、どの商品を選んでも大きく失敗する事は無いと思います。ですが、個人差がある事も否めません。それぞれの商品に、使い方や保存方法などがある場合は、必ずそれを守って使用していただき、しっかりと日々ご自身の髪、頭皮の状況を確認しながら、前向きに、気長に取り組んでいきましょう。そうすれば、一本目を使い切る頃には、きっと少なからず、満足感が得られていることでしょう。

育毛シャンプーは本当に効果あるの?

育毛シャンプーは本当に効果あるの?育毛環境改善に効果あり!

テレビをつけると「スカルプケアには、○○」というようなシャンプーのCMを、毎日目にするようになって久しいです。以前はほとんど気に留めなかったが、最近ちょっと気になってきたんだよな・・・。
こういった方、多いのでは無いでしょうか。なにしろ現代日本では、男性の3割、女性の1割が、薄毛や抜け毛に悩んでいると言われています。年齢を重ねていくほどにその割合は増えていきますから、まさに他人ごとでは無くなってきているのですね。
自身の髪にそういった悩みが出てくると、多くの方が「最初はやはり育毛シャンプーから」と考えるわけですが、CMを見ても「育毛に良さそう」ではあるものの、どの程度の効果が期待できるのかが全くわからない。それはそうです。「育毛効果などほとんど無い」なんて事実をCMでは流せるわけがありません。
逆に言えば、育毛効果が少しでもあれば、それは間違いなく大々的に宣伝されるはずです。
「ちょっと待って!じゃあ何にいいの?」
問題はそこですよね。答えは「育毛効果そのものは期待できないが、育毛環境を改善する効果は期待できる」となります。簡単に言えば「何もしないよりはいい」というもの。あまり過大な期待はしない方がいいでしょう。
とはいえ、ご存知の通り、今ではたくさんの種類の育毛シャンプーが販売されています。それはつまり長年のリピート需要があるからで、その中で全く効果が無ければ、ここまでの市場にはなっていなかったはずです。この育毛シャンプー市場の成長は、実際に使って「満足」している方が多いという、何よりの証拠。地肌を傷めずに、毛根の酸化した脂肪が洗い流されるだけでも抜け毛は多少減りますから、前でふれた「育毛環境の改善」は、多くの方が実感されているのです。例えて言うならば、「土が健康な良い土であれば、作物はすくすく育つ」というところ。髪と植物を必ずしも同一視はしませんが、どうやら全然違うわけでもなさそう。試してみる価値は「有り」ですね。

ミノキシジルの効能と新治療薬デュタステリドの可能性

ミノキシジルは脱毛症全般&薄毛対策として用いられる育毛剤に配合されている成分です。日本国内では唯一大正製薬が製造しているリアップシリーズに含まれています。
ミノキシジルは元来高血圧症の治療薬として開発された薬です。それが処方中の男性患者の多くから脱毛症や薄毛が改善したという所見が得られて、本格的に脱毛症の治療薬として開発が進められたという歴史をもっています。ただし、欧米では今でも本来の高血圧症の治療薬として飲み薬が処方される場合もあります。
日本では医療用医薬品ではなく、一般用医薬品の中の第一類医薬品に分類されているので、OTC薬になります。OTC薬のOTCとは「オーバー・ザ・カウンター(Over the Counter)」の頭文字で、カウンター越しに薬剤師が対面販売する決まりになっている医薬品という意味であり、第一類および第二類医薬品が該当します。しかしながら昨年の薬事法改正によって厚生労働省から許認可を得ている販売店であればインターネット通販でも購入する事が可能になりました。
では、ミノキシジルの効能について説明していきましょう。ミノキシジルには1.血管拡張作用(頭皮付近の血流改善作用)と2.毛根を丈夫にし髪の毛を太く丈夫にする成長因子促進作用という二つの作用があります。脱毛症の最も大きな原因と症状はストレスや加齢、生活習慣病などによって血管の機能が劣化し、頭皮付近の血流量が低下する事で毛母細胞が弱ってしまい、ヘアサイクルに狂いが生じ、脱毛が加速する事と、新たに生えてくる髪の毛も細くてコシの無い弱々しいものになってしまうので全体的なボリューム感が無くなってしまう事にあります。つまりミノキシジルはこの脱毛症の原因と症状に対し同時に対処できる薬効成分なのです。
ミノキシジルには強力な血管拡張作用があるので一般的にはこちらの方が強調されがちですが、実は成長因子促進作用の方が育毛にとっては重要な役割となります。なぜなら正常なヘアサイクルでは毛穴の中にある毛母細胞が分裂を起こして発毛と育毛が断続的に営まれていくものなのですが、この毛母細胞の分裂を促すのが成長因子であるからです。つまり、頭皮付近の血流が改善しても成長因子が不足していれば育毛には結びつかないことになります。ただ、血流が上がり代謝が活性化すればやがては成長因子の分泌も盛んに行なわれるようになるかもしれませんが、ミノキシジルがあればこの成長因子の分泌が薬効で促進されるため治療効果が実感出来るまでの期間が短縮できるということになります。

もちろんミノキシジルは、効果のある医薬品ですが、最近、デュタステリドという治療薬が発売されました。
http://www.circuitpanic.com/category2/entry14.html
これは、大変画期的な商品であり、薄毛に悩む諸氏には朗報といえるものです。
もしかすると、世の男性にハゲが存在しなくなる可能性もある治療薬であるのです。
今後に大いに期待しましょう。

男性用の育毛シャンプーと女性用の育毛シャンプーに違いはあるの?

onnaotoko

結論から先に書きます。立派な違いがあります。
香りや使用感の好みなどに男女差がある事もそうですが、体質的な男女の特徴も違いますので、当然、それに合わせた製品が開発されています。
もちろん、基本的にどちらも、アミノ酸系シャンプーであることは同じですが、体質に違いがありますから、これを間違うと逆効果!などという事も無いとは言えないのです。
夫婦で使いたいので、そういった間違いをするのが心配という方には、その中間に位置する男女兼用もあります。それらの違いを今回はご紹介いたします。

男性は皮脂の分泌が多い。
一般的に男性は汗をかきやすい傾向があります。食生活や日頃の運動量によってなど、個人差が大きいのですが、汗と同様、皮脂の分泌も女性と比べて多いです。
そのために常に皮脂の酸化が頭皮や毛穴で起きやすいのは男性ですし、皮脂が多いと汚れも溜まりやすくなります。酸化した皮脂や汚れが、育毛環境に悪影響を及ぼしている事は、言うまでもありません。このため、男性用の育毛シャンプーは、女性用と比べて、洗浄効果は強く作られています。また、飲酒や喫煙習慣(男性に多い)によって萎縮した血管の血行促進を目的とした成分を配合した物も多いようです。更に、男性ホルモンの過剰分泌も薄毛の原因の一つとされています。こちらはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、病院の治療が最も有効とされていますが、この男性ホルモンの過剰分泌を抑制する成分を配合したシャンプーも登場しています。

女性は乾燥肌が多く、髪も男性に比べて細い。
女性の場合は男性と違い、保湿力や皮脂の分泌量が少なくなる傾向があり、それが乾燥肌、ひいては頭皮環境の悪化、そしてフケ、痒み、薄毛、抜け毛と進行していく方が多いようです。
髪そのものも細い方が多いので、保湿効果と、髪にハリやこしを与えて、ダメージをケアする成分、例としてはヒアルロン酸やコラーゲンなどを多く含む物が女性用育毛シャンプーの特徴と言えます。また、香りやつやは女性が求める美しい髪の必須条件ですし、洗ったあとのまとまり、指通りの良さなどの使用感も大切な要素となっています。更に、リラックス効果の高い、ハーブを配合した物も多く発売されています。

男性が女性用を、女性が男性用を使うとデメリットはある?
はい。特に女性が男性用を使うと、男性用は洗浄力が強いので、女性にとっては大事な皮脂まで洗い流してしまうかもしれません。そうなると育毛シャンプーとしては逆効果。そして、男性が女性用を使用した場合は、爽快感に少々不満が残る方が多いようです。中間に位置する兼用の商品もありますので、男女2人で使用する必要があればこちらを使用してください。

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いとは?

あたりまえですが、育毛シャンプーは普通のシャンプーよりも素晴らしい!

普通にスーパーなどで売っているシャンプーと、ドラッグストアや通販サイトなどでお勧めされている、ちょっと値段の張る育毛シャンプーには、どんな違いがあるのでしょうか。
髪に悩みを抱える方や、それ以外の方にも、注目していただきたいポイントがございますので、今回はこちらを紹介いたします。

「実はシャンプーには大きく分けて3種類ある」
えっ?育毛シャンプーと普通のシャンプーの2種類じゃないの?と言われてしまいそうですが、それはあくまで定義の話。主要成分の違いでは3種類となります。

ひとつ目は「高級アルコール系シャンプー」
「高級」ですから、これが育毛シャンプー?と勘違いされそうですが、こちらがいわゆる普通のシャンプー。洗浄力や香りが良く、価格は「高級」ではなく比較的安価。広く一般的なシャンプーと言えます。種類も豊富なのですが、基本的にはどの製品も育毛は期待できず、それどころか実際にはその主原料の化学成分の毒性が、皮膚や毛根にダメージを与えてしまう可能性があります。

ふたつ目が「せっけん系シャンプー」
こちらは名前の通り、せっけんが主成分。高級アルコール系シャンプーよりも、頭皮への刺激はひじょうに少なく、且つ洗浄力も高く、安心して使用できます。しかし、使用感は残念ながらあまり良いとは言えません。洗い上がりの髪がきしむなど、ゴワゴワした感じになりやすいので、一緒に専用リンスやクエン酸で仕上げる必要があるでしょう。このように少々使い勝手が悪いという難点がありますが、紹介する3種類の中では一番自然で環境に優しい物です。直接的に育毛効果のある成分は使用していないのですが、悪い物でもありません。

最後に本命「アミノ酸系シャンプー」
アミノ酸から得られる洗浄成分で作られたシャンプーです。アミノ酸は私たちの身体を構成している成分と同じですから、ひじょうに低刺激で、頭皮には一番優しいと言えます。その分洗浄力は弱いのですが、一般的に「育毛シャンプー」と呼ばれる製品は、そのほとんどが、こちらに属します。洗浄力が弱いと言っても、シャンプーにとって大切な事は何もそれだけではありません。例えば保湿力であったり、敏感肌の方でも安心できる低刺激性であったりも重要な要素です。アミノ酸のダメージ修復の効果も期待されています。ただし、育毛剤と違いシャンプーは最後に必ず洗い流すものですから、これだけで育毛ができると考えてはいけません。とはいえ、悪い要素を無くして(減らして)、良い要素を加えるわけですから、長い目で考えればやはりプラスでしょう。併せて、個別に有用な成分を配合する事により、更に効果を期待させる製品が多く登場しています。

育毛シャンプーの効果的な使い方とは?

今日からできる、育毛シャンプーの効果的な使い方

育毛シャンプーは他でも書かせていただいている通り、それ単体では直接的に育毛効果を期待する事はできません。ですが、リピート率が高い事、育毛シャンプーの市場が拡大し続けている事から全く効果が無いとも言い切れません。まるでダメな商品は、誰も使い続けたりはしないからです。期待できる効果はあくまでも毛髪と頭皮の環境改善。ここに多くの方が満足感を得ているわけです。それはつまり可能性を感じているとも言えます。理屈よりも、実際に前向きに使ってみる事の方が大切なのかもしれませんね。

では、前向きに使うとはどういう事でしょう?やはり、使うからには少しでも効果的に使いたいものです。理屈では「育毛シャンプーは、育毛剤と併用しましょう」と言えますが、それは無責任な回答です。そんな事は、言われなくてもわかりますよね。または、育毛剤を使わず、なるべくなら育毛シャンプーだけで良い体験をしたいものです。わかりました。育毛シャンプーの効果を、それだけで最大限に発揮する使い方をご紹介いたします。

1. シャンプーする時間は就寝前のみ。朝シャンは必要ありません。朝と夜の2回シャンは逆効果にもなります。これは髪の新陳代謝が進む睡眠時に、頭髪を一番良い状態にしておく為です。
2. シャンプーをする前にブラッシング。細かなチリや埃は、これだけでも十分に落とせるのと同時に、マッサージ効果もあります。ブラシはできれば動物の毛など、静電気の心配の無い素材でできたものを使います。
3. 次に、湯船に浸かったり、シャワーを首から下の身体に行ったりしてよく温まり、血行を良くしておく。頭皮は、あまり熱すぎないぬるめのお湯だけで、予洗をしておく。その際には、ただ濡らすだけではなく、爪で頭皮を傷つけないように注意しながら、しっかり指先でマッサージも行います。
4. シャンプー本番。直接頭皮にシャンプーをつけるのではなく、手に適量取ってよく泡立て、頭皮になじませるように洗いましょう。最後は予洗と同じぬるめのお湯で、泡が無くなるまでしっかり洗い落としましょう。
5. 洗い終わったあとの髪を、バスタオルでごしごしふき取るのは禁物。優しくおさえ拭きが基本です。仕上げは自然乾燥ではなく低温でドライヤーを使用しましょう。自然乾燥は雑菌を繁殖させます。また、ドライヤーの熱が高温だと

せっかくの育毛シャンプーの保湿効果が損なわれたり、熱で髪にダメージを与えたりしてしまいます。ポイントは、「優しく、素早く乾かす」です。
育毛シャンプーの使い方は以上ですが、それと併せて、規則正しい生活や、バランスの取れた食生活、ストレスをなるべく溜めこまない心のゆとりも大事です。まずはできる事から始めてみましょう。

初心者向け「安全な育毛シャンプーの選び方」

erabikata

薄毛や抜け毛が気になり始めた。髪の毛からこしが無くなり、昔よりも一本一本が細くなってきた気がする。今は大丈夫だけど、自分も将来薄毛になる要素があり、不安を感じてきた・・・etc.
そろそろ薄毛対策に何か始めようと思った時、最初はなんだかんだ言っても、育毛シャンプーを試してみる方が多いのではないでしょうか。
しかしいくらお試しといっても、普通のシャンプーよりは値の張る物ですから、誰だって失敗はしたくないですよね?もしも選んだシャンプーが肌に合わなければ、デメリットシャンプーになってしまう危険もあります。ここではそうならないためにも、安心して試す事ができる、安全な育毛シャンプーの選び方を紹介します。
まず何より、「できるだけ鉱物系より天然のものを選ぶ」これに尽きます。
絶対条件として外した方が良いと言えるのは、「合成界面活性剤」と「シリコン」そしてできれば「パラベン」も外したいところ。「合成界面活性剤」は「ラウリル硫酸Na」または「ラウレス硫酸Na」と表示されています。汚れはよく落としますが、その分子がとても小さく、肌に浸透して体内に化学成分が蓄積される恐れがあります。「シリコン」は髪につやを与えるので、手っ取り早く髪を健康的に「見せかける」効果がありますが、あくまでもそれは一時的なもの。副作用も大きいと考えてよいでしょう。最後の「パラベン」はいわゆる防腐剤なので使用は仕方ないという考え方もあります。ですが例えば、天然成分のユーカリオイルなどにも防腐効果はありますので、選択肢の中でパラベン不使用があれば、そちらを選択すべきでしょう。
次に、「殺菌効果」や「洗浄効果」が、強調されすぎている物も避ける。
「殺菌効果」はその名の通り、菌を殺すわけですから、有用な働きをする肌の常在菌も殺してしまいかねません。腸の中の善玉菌が不足することが、あらゆる病気の原因になるのと同じです。また、「洗浄効果」は大事な効果ではあるのですが、必要以上に洗浄がなされるのは、先の常在菌や、大事な役割を持った皮脂まで洗い流してしまいます。酸化した古い皮脂は洗い流したいところですが、皮脂には頭皮と髪の保護膜の働きがありますから、あまりに洗浄効果が高い物は、外界からのダメージに、対応ができにくくなるのです。
これらの条件を満たし、更によりよい物を選ぶとなると、おのずと値段にも反映されてきます。また、理論的にどんなに良い商品でも、シャンプーは頭皮に直接使用するわけですから、人によって相性もあります。ある程度、安全性に納得のできる選択ができれば、あとは1本ずつ使ってみる事も必要でしょう。高い商品は、お得なまとめ買いをしたくなるのは理解できますが、最初はグッと我慢ですよ。